ここは、コンフォートゾーンから抜け出すための知恵やアイデアを検証するページです。
連載にして、よりわかりやすく、敷居を低く、多くの人にとって共感できる、
更新ブログ的なページを目指しています。

ボスキャラから逃げるか、対峙するか

コミュニケーション総合研究所の松橋良紀さんの

メルマガからの抜粋です。

(ここから)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「苦手な上司がいるんです。

出社するのがストレスでたまりません。

どう付き合ったらいいでしょうか?」

こんな相談をいただきました。

(中略)

●人生はゲーム

ゲームに例えたら、あなたの人生に登場する嫌な人は、

クリアするべきステージに必要な存在です。

その中でも、権力を持つ嫌な上司は、ラスボスみたいな

ものです。

工夫と努力を重ねて、頑張って頑張ったら、

なんとか攻略できるラスボスの存在が、神ゲーには

不可欠です。

あなたの人生は神ゲーです。

難易度が、あなたにちょうどピッタリに設定されています。

あなたががんばればクリアできることしか目の前に現れない

ようです。

実際に、今までそうだったでしょ?

その問題が起きたときには、

「もう絶体絶命だ!」と思ったかもしれないですが、

全てなんとかなってきましたよね?

そして、これからもそうなんです。

これからあなたに起こることは、

クリアできそうになく感じるけど、

全てなんとかなることばかりです。

絶妙な神ゲーを与えられているんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(ここまで)

僕はこのことを

「RPG(ロールプレイングゲーム)理論」と呼んでいます。

ボスキャラは、人の場合もあれば

病気であったり仕事の場合もあります。

目の前に現れたボスキャラに対峙するか

あるいは逃げるか。

自分の50年超の人生を振り返ると

結果としてヒーヒー言いながら対峙したことが

今の自分を作ってくれた、と感じます。

あなたにはこれまで

何人の“ボスキャラ”が出てきましたか?

【本日の実践コンフォートゾーン】

 ボスキャラが現れたら

成長機会が与えられたと考える

============================