コンフォートゾーンとは?

コンフォートゾーンとは?

Comfort Zone=「居心地の良い場所」という意味。

基本的に私たち人間は、自分の身を守ることが何よりも最優先です。
「生命の維持」が大切なんです。

そのために身体は何も命令をしたり、意識をしたりしなくても
勝手に心臓が一定のリズムで動いてくれるし、
血液も体中隅々まで行き渡ってくれるし体温も36度くらいで保ってくれるのです。

心の部分も同じです。
生まれ育っていく段階で、自分が心地よいと感じることや瞬間は学習して
その状態をなるべく維持しようとします。

そして心地が悪いと感じたことも学習して、
その状態をなるべく避けようとします。

それが人生経験として積み重なってきたものが、
あなたの人生上の「ルール」となり、そのルールに従うことであなたの心地よい状態
「コンフォートゾーン」に居続けることができるわけです。

しかし、やっかいなことに、その「コンフォートゾーン」に居続けることが
時にあなた自身の障害になることがあります。

あなたが何か新しいことを始めようと思ったり、
これまでと違うことをやってみようと思ったり、
あるいは、これまでのあなたから変わりたいと思ったりしたときです。

それはあなたの「コンフォートゾーン」から出る必要があるからです。
あなたはそこから出たくないわけです。

心地が悪いからです。嫌な感じがしそうだからです。
怖いと思ったり、不安に思ったりするからです。

だからそんな時はあなたの「ルール」がしっかりと機能します。
「やめときなさい。ここから先は危険地帯ですよ。」

そしてあなたはそれに従い、これまでと同じ、
いつもの安全な状態を維持し続けるわけです。

それであなたの人生が望むとおりであれば、何ら問題はありません。
いいじゃないですか、別にそのままでも。
誰からも強制されることなく、あなたの人生を歩めばいいのです。

でも、もしそれでは満足できない、このままでは嫌だ、
違う世界を知りたい、新しい自分に変わりたいということであれば、
「コンフォートゾーン」から出てみることが必要です。

といっても、「じゃあ、どうやってコンフォートゾーンから出たらいいの?」
と思いますよね。
そこから出られないから苦労しているんだし。

ここでちょっと考えてみてください。

コンフォートゾーン

あなたはいま、自分の「コンフォートゾーン」にいます。
そこは砂浜で安全。
ゾーンの先には海が広がっていて、「ここから先は深瀬。危険。立入禁止」
という立て札があります。

この立て札を立てたのはあなたです。
あなたは立て札の先には間違っても足を踏み入れてはいけないと思っています。

でもある日、あなたが友人とキャッチボールをしていたら
取り損ねたボールがその立て札を超えて、
海の方に行ってしまいました。

「えーっ!」

と思ったあなたでしたが、仕方なく立て札を越えて
恐る恐るボールを取りに行きました。

すると、

浅瀬

深いと思っていた海が、思ったより浅瀬な部分があり、
難なくボールを取ることができました。

あなたは立て札の位置を少しだけ浅瀬の部分に出すことにしました。

そうしてあなたの「コンフォートゾーン」は広がりました。

コンフォートゾーンの図

あなたは自分の世界には「コンフォートゾーン」「危険ゾーン」
の2つのゾーンがあると捉えています。

しかし、実際には「危険ゾーン」と捉えている部分には
あなたが足を踏み入れても大丈夫な「浅瀬ゾーン」があります。
あなたはその存在に気づいていなかったり
そもそも存在を知ろうとすらしていなかったりします。

「コンフォートゾーン」から一歩踏み出すためには、
思い切りや覚悟、決意は必要ありません。

まず、そろりと片足を「コンフォートゾーン」から踏み出してみて、
浅瀬かどうかを確認して、浅瀬であれば
踏み出してみるという手順がオススメです。

試してみて、実際に危なかったらやめればいい。
あなたには危険が及ばない最低限のことをして
本当に危ないかどうか「検証する」ことをオススメします。

仲間の図

このウェブサイトでは、私たちの身の回りに
どんな「コンフォートゾーン」があるのか、
そしてそこからどうやって踏み出しているのか、について
様々な情報を探ってみたいと思っています。

そして、みなさんと日常に潜むコンフォートゾーンについて、
語っていきたいと思っています。

こういう話をすると、女性は割と興味を示してくれるし、
ワークショップなどを開催すると
女性は自分のコンフォートゾーンを素早く見つけて、抜け出していくのも早い。
変わることに対して抵抗が少ないのも女性のほうが多い気がします。

それに対して特にオヤジ世代に多いのが、「俺はいいよ...」っていう人。
こらこら、良くないからって思うんです(笑)。

『大人は簡単には変われない』という先入観(思い込み)が根強くあって、
大人の多くが変わることを諦めてしまっている。
『自信が無い』というより、
「いいじゃん。無理しなくても…」とか言ってる人がいる。
そういう人にこそ、自分のコンフォートゾーンに
気づいて欲しいな、という想いがあります。

「どうせ」とか、「別に」とか、変な逃げの諦め...。
ほんとは諦めたくないんだけど、そういうこと言うと大変だからとか、
そこにチャレンジしなきゃいけないことが
面倒くさいし怖いから対峙しようとしない。
40歳代を超えるとその比率が高まる気がします。

コンフォートゾーンって自分が勝手に作り出しているものだと思うんです。
で、大きな現象を変えるためには、小さなことをちょっと変える。
これをいっぱいやってみることで人生って変わっていくと思うんです。

それには、年齢が上になったからとか、もうオヤジだから変えられない
ということは関係無いんです。
いま、この瞬間に変わってみようと思えたら、そこからだってやれる。
日野原先生のように100歳からだって変わろうとする人は変われるわけです。
そういった検証をしていきたい。

私自身も気づけばコンフォートゾーンにいることがあります。
いまでも自分ですら気づいていないコンフォートゾーンがあると思っているから、
そういったものを見つめたり、いろいろ検証してみたい。
そういうことを語り合う『場』が欲しい。
そう思い、立ち上げた『場』であります。

よかったら、たまにお立ち寄りください。
マイペースでコンフォートゾーンのことについて、検証していくつもりです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。