ここは、コンフォートゾーンから抜け出すための知恵やアイデアを検証するページです。
連載にして、よりわかりやすく、敷居を低く、多くの人にとって共感できる、
更新ブログ的なページを目指しています。

いつも忙しいから“楽”?

仕事の「優先順位付け」は

マネジャーに限らず仕事を抱える人にとっては

頭を悩ませる課題の一つです。

 

かの「7つの習慣」でも

3つめの習慣に出てくるキーワードです。

 

優先順位はよく

緊急度×重要度

に分解して考えられます。

 

緊急度も重要度も高い=第1象限

緊急度は低いが重要度は高い=第2象限

緊急度が高いが重要度は低い=第3象限

どちらも低い=第4象限

 

日ごろ第2象限の仕事(中長期視点)をしておかないと

第1象限と第3象限の仕事(短期視点)に振り回されることになります。

 

課長塾で扱う

「振り返り」「部下育成」「チームビルディング」などは

すべて第2象限にあたります。

 

いつも忙しくて

何でも後手になってしまうという人は

 

部下が育っていないから

任せることもできず

自分が何でもやらざるをえず

いつも時間がなくなって

トラブルが頻発して

その対応に追われてばかりで

チームの雰囲気が悪くなって

・・・

という状況に陥るわけです。

 

そして第2象限に手を付けるのは

「時間ができたら」

「もう少し業務量が減ったら」

「気持ちに余裕ができたら」

といった言葉を口にして

一向に状況を変えようとしません。

 

 

でも

「忙しさにかまける」というのは

ある意味

「コンフォートゾーン」だなぁと。

 

 

忙しい=やることが多い=〆切が決まっている

主導権は「仕事」が握っているわけです。

 

だから自分は「受身」になって

仕事に振り回されているほうが

やることを主体的に考えなくてもよくて

ある意味では“楽”なわけです。

 

一方で第2象限の仕事は

自分から方向性を決めて

目標を決めて

戦略を立てて

具体的にやることを決めて

スケジュールを立てなければ

前に進まない。

主導権は自分にあるからです。

 

 

あなたが毎日「忙殺されて」いるなら

自分は実は

ここにいとどまりたいのではないか?

と考えてみてはいかがでしょうか?

 

== 【本日の実践コンフォートゾーン】==

      忙しくて困るのか 

        忙しくて楽なのか

=============================