ここは、コンフォートゾーンから抜け出すための知恵やアイデアを検証するページです。
連載にして、よりわかりやすく、敷居を低く、多くの人にとって共感できる、
更新ブログ的なページを目指しています。

こんなもんでいい、って諦めてませんか

お笑いの世界は厳しい

というのはなんとなく知ってましたが

そのセンターを張る人は

これほど苦しい毎日なのか

と改めて驚き、そして心打たれました。

 

2/18放送のNHKプロフェッショナル仕事の流儀

「笑わせたい男の、笑えない日々~小籔千豊~」

http://www4.nhk.or.jp/professional/x/2019-02-18/21/202/1669520/

 

吉本新喜劇の座長になった小薮千豊氏に

半年密着のドキュメント。

 

吉本新喜劇のドタバタ劇の台本作りから

リハ、主役まですべてを担う。

 

お笑いには目が肥えた関西人が常に満員になる

60年の歴史がある吉本新喜劇。

 

そこでどれだけ笑いが取れる舞台を作れるか。

そのプレッシャーは我々には想像に難い。

 

人に笑ってもらうことが生業のお笑いの世界なのに

座長としての小籔氏はほとんど笑うことがない。

 

それどころか

「これでウケるか?」

を常に自問自答し悩んでいる。

苦しんでいる。

 

「スベっても、ええ。」

 

「期待に応えたい。

でも期待を裏切りたい。」

 

葛藤に苦しみながら

それでも果敢に「伝統」の枠から出ようとしている小籔氏。

 

 

僕たちは無難なところでまとめようとしていないでしょうか?

この程度でいい、とどこかで諦めていないでしょうか?

 

 

== 【本日の実践コンフォートゾーン】==

     本当にこれでいいのか?と

                  自分自身に問いかける。

=============================