BLOG

自分の“安全地帯”から一歩踏み出すヒント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コンフォートゾーンの正体
  4. こんなもんでいい、って諦めてませんか

こんなもんでいい、って諦めてませんか

お笑いの世界は厳しい
というのはなんとなく知ってましたが
そのセンターを張る人は
これほど苦しい毎日なのか
と改めて驚き、そして心打たれました。

2/18放送のNHKプロフェッショナル仕事の流儀
「笑わせたい男の、笑えない日々~小籔千豊~」

http://www4.nhk.or.jp/professional/x/2019-02-18/21/202/1669520/

吉本新喜劇の座長になった小薮千豊氏に
半年密着のドキュメント。

吉本新喜劇のドタバタ劇の台本作りから
リハ、主役まですべてを担う。

お笑いには目が肥えた関西人が常に満員になる
60年の歴史がある吉本新喜劇。

そこでどれだけ笑いが取れる舞台を作れるか。

そのプレッシャーは我々には想像に難い。

人に笑ってもらうことが生業のお笑いの世界なのに
座長としての小籔氏はほとんど笑うことがない。

それどころか
「これでウケるか?」
を常に自問自答し悩んでいる。
苦しんでいる。

「スベっても、ええ。」

「期待に応えたい。
でも期待を裏切りたい。」

葛藤に苦しみながら
それでも果敢に「伝統」の枠から出ようとしている小籔氏。

僕たちは無難なところでまとめようとしていないでしょうか?
この程度でいい、とどこかで諦めていないでしょうか?

== 【本日の実践コンフォートゾーン】==

     本当にこれでいいのか?と
                  自分自身に問いかける。

=============================

関連記事

ブログ執筆者

当研究所の所長中川です。約15年にわたるビジネスマンの研修現場での経験を踏まえ、自分のコンフォートゾーンから一歩を踏み出すためにはどうしたらいいかの研究をしています。