BLOG

自分の“安全地帯”から一歩踏み出すヒント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. オススメ本
  4. 山中教授「新しいことを試してみる」

山中教授「新しいことを試してみる」

プレジデント7/16号
iPS細胞研究所の山中教授とユニクロ柳井会長の対談。
「あなたはなぜ、変われないか」。

お二人の対談から、印象に残った言葉をピックアップしてみました。

柳井さんの「困難に挑戦すべし」という言葉よりも、
山中さんの「新しいことを試す」という言葉のほうが
コンフォートゾーン研究所的にドンピシャでした。

==================================

柳井「そもそも困難に挑むのは楽しいことじゃないですか。
自分の能力を高めて変化を楽しむ。そう言う精神が特に
日本人には必要だと思います。」

山中「研究者は実験が仕事ですが、ある意味、自分の人生に
ついても実験をしているんです。だから僕は、新しいことを
なるべく試すようにしています。ときには失敗が見えていることも
あります。でも、失敗したらどうなるかを見てみたい気持ちもある。
別に命まではかかっていないのだから、それも含めて楽しもうと
いう気持ちです。
成功するとか失敗するとかに関係なく、まず
動く。そうしないと、つぎにつながる何かは生まれないんです。」

(国際的な意識調査での、日本の高校生は過半数が「のんびりと
暮らしていきたい」という結果に対して)
柳井「のんびりと暮らしていきたい、というのは、いまのままでいい、
ということでしょう。だとしたら、幸せになりたいと考えていても
反対に幸せになれないと思いますね。いまは親が子供に対して
引きこもってもいいような環境を与えている。」

関連記事

ブログ執筆者

当研究所の所長中川です。約15年にわたるビジネスマンの研修現場での経験を踏まえ、自分のコンフォートゾーンから一歩を踏み出すためにはどうしたらいいかの研究をしています。