BLOG

自分の“安全地帯”から一歩踏み出すヒント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コンフォートゾーンの正体
  4. 朝の挨拶すらやらない?

朝の挨拶すらやらない?

課長塾では、全6日間にわたり
リーダーとしてのあり方を学びます。

みなそれなりの職場での課題を持っていて
なんとかその状態を変えたいと思っています。
そのために時間とお金をかけて学びに来るわけです。

そこでいろいろなことを学ぶのですが
実はそんなことをわざわざ学ばなくても
お金もスキルも必要なく、すぐにできて
しかも確実に効果が上がることがあります。

それは自分の笑顔と挨拶・感謝です。

人と接するときは顔を見る、笑顔を心がける
朝部屋に入るとき、人に会ったとき「おはようございます」
何かをしてくれたら「ありがとう」

小学校1年生が先生に教えてもらうような
当たり前のことと
まともに取り合おうともしませんが、

実は課長クラス以上になるほど
やっていない
できていない
やろうとすらしていない。

そのくせに
部下が思いどおりに動いてくれる
チームの成果が上がる
“打ち出の小槌”は何かないかを
探している。

あなたが
苦手だな、していないな、と思っているなら
難しいことをやる前に
まず

人と接するときは顔を見る、笑顔を心がける
朝部屋に入るとき、人に会ったとき「おはようございます」
何かをしてくれたら「ありがとう」

これのうち
一つでもいいから
やってみませんか?

やりやすい人からでいいです。
たまにでもいいです。

自分のコンフォートゾーンから出てみることを
ちょっとだけ試してみませんか?

関連記事

ブログ執筆者

当研究所の所長中川です。約15年にわたるビジネスマンの研修現場での経験を踏まえ、自分のコンフォートゾーンから一歩を踏み出すためにはどうしたらいいかの研究をしています。