BLOG

自分の“安全地帯”から一歩踏み出すヒント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. オススメ本
  4. 社内の「変わらない人」をどうしたらいいか?

社内の「変わらない人」をどうしたらいいか?

【コンフォートゾーン研究所レポート16号】

私が毎日お世話になっている小田急線の管理職向け取り組み事例です。
「自分が主役」という意識が組織を変える

自分が変われない、のと同様に、部下や同僚が変われない、変わろうとしない、
ということにどうしたらいいかも大きな課題です。

ヒューマンエラーを減らすために、
現場の主役である「助役」に主体的になってもらおうと小田急は動き出します。

その一つが『助役真髄塾』。

その人選対象は
「能力向上を期待しているものの、
ある意味で自分の爪を隠して表舞台に出てこない、
また自分はもういいやと殻をかぶった人」
いわば「コンフォートゾーン」に籠もって出てこようとしない助役です。
彼らが変わるきっかけをどのように作ったのか。

企業の事例として注目です。

関連記事

ブログ執筆者

当研究所の所長中川です。約15年にわたるビジネスマンの研修現場での経験を踏まえ、自分のコンフォートゾーンから一歩を踏み出すためにはどうしたらいいかの研究をしています。